保育士の派遣だけど辞めたい!

派遣から始めた保育士の仕事。

とても損な役回りで辞めたい

スポンサーリンク

保育業界でも最近では、
派遣のシステムが充実してきました。

今あなたが派遣保育士として
ある園でお仕事をされているのならば、
その園としてはどうしても必要な存在で、
最善を尽くし雇用してもらっていると考えて良いと思います。

何故ならば派遣会社を通して求人をすると
雇用した園は中間業者へのマージンを払っているわけで
(どんな業種でも同じですが)、
あなたと直接パート・アルバイト契約をするよりも
多額の費用がかかっています。

そこまでして来て欲しい保育士さんがあなただったのです。

どのような理由であなたが
派遣保育士を選択したのかにもよりますが、
仕事を探す前に労働条件を指定出来るのが派遣のメリットでもありますから、
もし今あなたがタイトルのように「辞めたい」と思っているのであれば、
条件面で大幅な妥協をしたという以外は、
おそらく勤務形態のことが原因ではないのだと思います。

派遣保育士は一定の期間のみの限定勤務だということで、
園や正規職員からしてみれば、
少々難しい存在だと思われてしまいがちです。

園としては利用者の個人情報などの守秘義務がありますから、
派遣のあなたには情報開示ひとつとっても限界があります。

スポンサーリンク

簡単に言えば、すぐ辞めてしまう人に
園の詳しい内情は教えられないということが根底にあります。

そうすると何となく、
自分だけが扱いが違う感覚を露骨に味わってしまい、
疎外感のようなものもあるでしょう。

先には派遣保育士は
「どうしても必要な存在として雇用されている場合が多い」と書きましたが、
それは言わずとも「重要な穴埋め役」としてのことなので、
正規の職員と同じ仕事はできなくて当然です。

反対に言えば、派遣保育士は面倒なことは背負わなくても良い、
いいとこどりな部分もありますが、
そこもまた他の職員との温度差を生んでしまうのではないでしょうか。

もし派遣保育士の仕事に物足りなさや不満を感じるのならば、
環境が許す限りは正規職員として働ける場を探した方が良いと思います。

一度でも正規職員として働いてみれば
園の仕事の仕組みや苦労もわかりますし、
後の転職にも有利になります。

派遣会社を使えば仕事探しも比較的楽ですが、
1から自分に合いそうな職場を自分の手で探し出すのも
いろいろ比較出来て勉強になります。

今の仕事を辞めたいと思うならば、
次は辞めたいと思わなくて良さそうな
職場を自分で見つけてみてはいかがですか。

きっとたくさんの発見がありますよ。

保育士は待遇が良くなかったり、 割に合わなくて悩むことも多いです。

私もそうでした。 我慢するのもストレスで良くないので、

めちゃくちゃ辞めたいという方はこちらを見て下さい。

⇒今の保育園では我慢できない方はこちら

目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ