保育士はじめて、1ヶ月で辞めたい!

保育士になってまだ1ヶ月だけど
仕事も大変で責任も重い・・・

もう辞めたい

スポンサーリンク

新年度から晴れて保育士として採用された方も多いかと思います。

最初の半年くらいは仕事に慣れるまで
色々と戸惑うことも多く、
右往左往してしまいますよね。

誰でも最初からテキパキと動ける人は居ません。

反対に、新人の先生に初めから独断で
テキパキ動かれたら危険も伴う為、先輩方も困ってしまいます。

初めの1ヶ月は特に安全上の規律を始め、
その園のローカルルールなども細かく覚えていかなくてはならないので、
いっぱいいっぱいになってしまうこともあると思います。

子どもを預かるということは命を預かることですから、
責任も重大でありますし、保育士の仕事内容も相当ハードなので
心身ともに疲労が溜まってもおかしくありません。

しかし、だからといって、
たった1ヶ月で辞めたいと思ってしまうのは、
少し早過ぎるのではないでしょうか。

ひと月ではまだ保育の仕事の序章にも差し掛かっていません。

仕事が大変なのも、
責任が重大なのも全園共通なのですし、
いわば保育士とはそういう仕事なのです。

スポンサーリンク

例えばもし、何か大きなミスをしてしまって上司に咎められたとか、
保護者から威圧されるのが嫌だとか、そういったことが
辞めたい理由であったとしても今は辛抱の時期だと思います。

何故ならどこに行っても上記のようなことは起こりうるからです。

せっかく何年も勉強をして来て保育士になれたわけですから、
最低でも今の職場で1年は仕事を続けてみましょう。

働き始めてやっぱり自分には合わなかったと思ったかもしれませんし、
予想以上に大変だったと後悔しているかもしれません。

でも、あなたがその職場を希望して面接や試験を受け、
何人もの応募者の中から選ばれたわけですから、
園側はあなたに何かしらの可能性を見いだしていたということです。

そこは是非自信にして、

””自分がここを選んだ””

という責任とともに頑張りましょう。

1年経ち、やっぱりどうしてもダメだな…と思ってしまうようなら、
転園も視野に入れて良いかと思います。

1年働けば年間のスケジュール(行事やクラス運営など)も
ある程度把握出来るでしょうから、
転任後のキャリアアップにはつながると思います。

毎日仕事をしていく上で疑問点や改善が
望めそうな点などがあれば書き留めておきましょう。

次の職場で受ける面接試験での質問内容にすれば、
就職する前に不安な部分が拭い去れることでしょう。

保育士は今引く手あまたですから、
次回の就職活動は是非慎重に行えるように準備して下さいね。

間違えても最初に決まったから~と適当に選ばないように、
失敗を繰り返さずに、頑張って下さい。

保育士は待遇が良くなかったり、 割に合わなくて悩むことも多いです。

私もそうでした。 我慢するのもストレスで良くないので、

めちゃくちゃ辞めたいという方はこちらを見て下さい。

⇒今の保育園では我慢できない方はこちら

目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ