保育士のパートですが、辞めたいです

ずっとパートで保育士しているけれど、
そろそろちゃんと正規で働く為に
辞めたいと思っているのですが・・・

スポンサーリンク

パートの保育士と言ってもさまざまなスタイルがあると思いますが、
パートさんは基本的には忙しくて手が足りない現場の保育補助か、
時間外保育での対応ということが多いと思います。

担任を持つわけではないので、
保育立案や会議などの大変なことには対応義務はありませんし、
午睡当番や時間外保育の室内遊びと言った保育ならではの
仕事を良いとこ取り出来る利点はあります。
(時に掃除ばかり頼まれてしまうこともあるかもしれませんが。)

しかし、そこで

「今の仕事で十分。先生たちは毎日大変そう。
とても自分には正規で働くなんて出来ないわ」と
あきらめてしまっては非常にもったいないです。

きちんと保育を1から考え行動していくことで
保育士の仕事の醍醐味は初めて味わえます。

なので、反対に現在のパートの立場が
「物足りない、もっときちんと保育の仕事がしたい!」と思えたならば、
あなたには保育士としての素質が
充分備わっていると思って良いのではないでしょうか。

パートでの経験をステップに、
きちんと保育現場に入りたいと思えるのは、
とても素晴らしいことだと思います。

スポンサーリンク

パートとはいえ、きちんと決められたポジションでの業務ですから、
突然辞めて居なくなられると園の方も困ってしまいます。

園側からのパワハラや契約不履行など法に触れるようなことが
理由で退職したいというのなら話は別ですが
(その場合は行政などの相談出来る窓口に行きましょう)、

仕事を始める前にサインをした契約書などがあるならば、
しっかり業務内容や期間を最後まで果たしましょう。

今働いている園で正規で就職したいと思うならば
もちろん園長に直談判すべきですが、
もう少し条件の違う場所で働きたいのならば、
今は便利な時代でインターネット上で
求人情報もチェック出来ますし、頑張って探してみて下さい。

現職員の体調不良などの欠員で、中途採用をしている園もありますから、
年度途中であってもあきらめず空き時間を使って就職活動しましょう!

就職活動をするには、パートをやっていた中で
自分ならどのように子どもたちにアプローチ出来るか、
活動内容の中でもどんなものが得意でアイデアを提供出来るかなど、
自分のアピールポイントをしっかりと纏めて置きましょう。

今からでも遅くないです!

自分を客観的に見てみることで就職先の希望
(本当にいろいろなスタイルの園があります!)も変わりますので、
是非この機会にポートフォリオを作ってみましょう。

頑張って下さいね。

保育士は待遇が良くなかったり、 割に合わなくて悩むことも多いです。

私もそうでした。 我慢するのもストレスで良くないので、

めちゃくちゃ辞めたいという方はこちらを見て下さい。

⇒今の保育園では我慢できない方はこちら

目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ