新卒で保育士を辞めたいけど、1年目で辞めていいのだろうか

”新卒で保育士になれたけれど、
仕事についていけない辞めたい”

というあなたへ

スポンサーリンク

新卒で晴れて念願の保育士となられた方へ、
ひとまず毎日お疲れさまですと言いたいです。

そして、

良い職業を選びましたね、
良かったですね、とも。

保育士という職業は朝から晩まで休むことなく動き回り、
実に忙しく体力も使いますよね。

また人間関係も職場内だけではなく、
通ってくる子どもたちのご両親からも信頼を得られないと、
安心して子どもたちを預けてもらえません。

精神面でも非常に大切かつ、
デリケートな部分を持ち合わせています。

学生時代にたくさんの保育理論や法律を頭に詰め込み、
幾度となくつらい実習にも耐えてきたとはいえ、
実際に保育の現場に立たれた時は、
自分の思い描いていた毎日と現実の差は大きかったのではないでしょうか。

つい最近まで学生だった訳ですから、
新卒で現場に立つというのはどんな職業であれ、
皆さん乗り越えていかなければいけない厳しい環境ではあります。

反面、新卒の方はまだまだ職に不慣れで半人前、
どんなこともわからない、動けない、
ついていけないのは当たり前なのです。

だからといって
「わからなくて当然」
と横柄な態度で仕事に向き合うのは考えものですが、
一人で自己解決しようと毎日必死でもがいてしまうのもまた考えものです。

信頼出来る先輩を見つけて相談出来ると良いですね。

スポンサーリンク

どんなわからないことでも、
まず訊いてみることから始まります。

自分一人で動こうとすると失敗しますし、
独断での行動は経験値が高い人でも危険をはらむものです。

すくすくと育ってきたお若い方は自己肯定力が高く、
自信を持って仕事に取り組めるのは素晴らしいことだと思います。

しかし、

全てのことを完璧にこなそうとすると、
いずれパンクしてしまいます。

まずは自分の得意分野を存分に、
発揮してみることから始めると良いのではないでしょうか。

ピアノは苦手でも歌は歌えますから手遊びは出来ますよね。

壁面装飾などの製作物が苦手ならば
思い切って保育以外の職に就く
お友達に相談して斬新なアイデアをもらうのも手です。

自分で解決出来ないことは、
どんどん周りに目を向けてみて下さい。

それはいつか自分のスキルにもなり、
今まで出来なかったことが出来るようになるチャンスでもあります。

自分がステップアップ出来たと感じたときに、
今度は違う環境で自分のスキルを、
試してみたくなる日が来るかもしれません。

そう思えたら保育士としてまたひとつ、
成長出来ているのかもしれませんね。

保育園にもさまざまなスタイルがあります。

是非自分の個性がいかせる場所を探してみて下さい。

保育士は待遇が良くなかったり、 割に合わなくて悩むことも多いです。

私もそうでした。 我慢するのもストレスで良くないので、

めちゃくちゃ辞めたいという方はこちらを見て下さい。

⇒今の保育園では我慢できない方はこちら

目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ