保育士を辞めたい理由はなんですか?

保育士を辞めたい理由はなんですか?

スポンサーリンク

どんな仕事でも辛くて、
辞めたくなってしまう事はあると思います。

主に何が辛いのでしょうか。
人間関係の場合もあるでしょうし、
仕事上のミスが続き自信をなくしてしまったのかもしれません。

自分の思う通りの仕事ができていなかったり、
他にもっとやりたい事が出来てしまったのかもしれません。

保育の仕事もご多分に漏れず、
同じ様な状況に立たされます。

今でこそ男性の保育士さんも増え、
女性の職場独特のギスギスした雰囲気の保育現場も
改善されている事とは思います。

人間関係はどこに行っても結局ついてくるもので、
自分一人がもがいてもどうにもならないというのが現状です。

お互いのミスをフォローし合える様な、
素晴らしい同僚や上司に巡り会える確率は、
残念ですが高いとは言えません。

保育に対する情熱や自分なりの保育への
ポリシーは人一倍高いのに、

”現場は毎日をルーティンで、
何となくまわしてしまっている様な園だった”

なんて言うと肩透かしだったりもしますね。

スポンサーリンク

基本的にはどんな職も専門的なスキルを
身につけるのには多少の時間がかかるものです。

なので、

もし今保育士を辞めたいと思っているあなたが勤続2年未満なら、

「決断はちょっと待って」

と言いたい部分もあります。

今苦しくてもその辛さは、
決して無駄にならないからです。

もし人間関係で悩んでいることが辞めたい理由であるならば、
もう一度その関係性を良く考えてみましょう。

明らかにハラスメントを受けている様な場合は例外ですが、
よほどの事がない限りは大概は、
自分の思い込みや勘違いが招いている悩みである事も多いのです。

仕事が遅いからみんなに迷惑かけているかも、
私なんて使えないと思われてそう、
だから話しかけづらいし、仲良くなれない…

もしそんな悩みならば、
思い込みの範囲かもしれません。

というのも、
あなたが考えているほど周りの人は
あなたについて考えている暇はないのです。

保育現場の仕事ですから、
皆それぞれ手一杯で忙しいはずです。

自分がやりたい事ができなくて悩んでいるならば、
そこで無理にもがくよりは、今は基礎を固める時期で、
先輩からアドバイスを受けながら保育職の基盤を
自分の中に築く時だと思えば日々の姿勢も変わるのではないでしょうか。

開園から現在に至るまでの時間が長ければ長いほど、
その園の保育スタイルはそうそう変えられるものでもありません。

あなたがつまらなそうに保育していたら、
子ども達には確実に伝わってしまいます。

そんな先生じゃ哀しいですよね。

そんな鍛錬の日々を乗り越えて保育士として、
成長出来たあなたを受け入れてくれる
次の場所はきっとあります。

あなたが今「辞めたい」と思う
「理由」をはっきりさせる事が成長につながるのです。

じっくり考えるこのチャンスが、
明るい未来につながると良いですね。

保育士は待遇が良くなかったり、 割に合わなくて悩むことも多いです。

私もそうでした。 我慢するのもストレスで良くないので、

めちゃくちゃ辞めたいという方はこちらを見て下さい。

⇒今の保育園では我慢できない方はこちら

目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ