男で保育士を辞めたい!

現場ではモテモテの男性保育士さん、
どうして辞めたくなりました?”

スポンサーリンク

かつては「保母」という職名がついていたほど
女性の仕事として認識されていた保育士ですが、
最近では男性の保育士さんも増えてきました。

男性が保育の仕事に興味を持ち、
学び、実際に現場に出て下さる姿は、
大変微笑ましく素敵なことだと思います。

元々は女性の職場でしたから、
女性同士特有の雰囲気や問題点などもあり、
私情を持ち出したり公私を混同してしまう
保育士がたくさんいた時代もありました。

しかし、

男性保育士さんがひとりでも現場に入ってくれるようになると、
その雰囲気も自然と緩和され、園自体の印象も上がります。

何より男の先生は子ども達から絶大な人気があります。

女性では出来ない様な力の要る遊び
(両腕に子ども達がブラーンとぶら下がったり)をしてくれたり、
お家では日頃忙しくてなかなかお父さんに会えないという子ども達にも、
保育園という安全な場所で男性とふれあえる機会は貴重なものでしょう。

スポンサーリンク

ただ、最近男性保育士さんが増えてきたとはいえ、
まだまだ女性保育士の数にはいたらないのが現実です。

就職したかと思えば職場に男性が自分一人だけ、
ということも珍しくはないでしょう。

そうすると日頃のちょっとした相談や
疑問を話せる相手は必然的に女性ばかりということです。

どんな職業の男女間の意識の差でもそうですし、
例えば夫婦であっても、「母性」と「父性」というのは
全く別物で交わることは難しい、そうなると自分が抱えている悩みは、
女性の同僚や先輩保育士に話しても、
なかなかその感覚をわかってもらえなかったりします。

その他、保育士は報酬もいまだに低い位置でさまよっています。

男性ならば、保育の仕事は好きだけれど、
「これじゃ将来結婚して家族は養えないな・・・」
と漠然と不安を抱えてしまうかもしれません。

男性保育士さんが仕事を辞めたくなるのは、
こんな状況が多いのではないでしょうか?

他に男性職員が居て日頃から情報や悩みを共有出来、
お給料も今より少し良かったら…
そんな風に思ったら保育士を辞める前に、
ぜひ保育士の求人も見てみて下さい。

時代に合わせたさまざまなスタイルの園があり、
男性保育士さんもたくさん活躍しています。

特に、少し変動的な勤務にはなりますが、
最近増えてきた民営の学童保育などでも、
契約者のお子さんをマイクロバスで学校へ迎えに行きそのまま預かり、
公園で遊んだり勉強を教えたりする職務なので、
男性の手はかなり需要があるといえます。

地域によって報酬もさまざまだとは思いますが、
行政からある程度のガイドラインを敷かれている私立保育園よりは、
企業主体の民営の職場の方が昇給のチャンスもありそうです。

せっかく資格を取り、情熱をもち挑んだ保育の仕事。
是非これからも自分の場所を見つけて輝いて下さいね。

保育士は待遇が良くなかったり、 割に合わなくて悩むことも多いです。

私もそうでした。 我慢するのもストレスで良くないので、

めちゃくちゃ辞めたいという方はこちらを見て下さい。

⇒今の保育園では我慢できない方はこちら

目次一覧に戻る

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ